スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ヨガ 体験会
2011 / 09 / 05 ( Mon )
脳ピカピカ ヨガ体験会

あなたの本当の輝きをひきだします

●9月6日(火)10:30、14:30、19:00~
●9月31日(水)10:30、14:30、19:00~


脳活性化、腸デトックス、ダイエット、肩こり、腰痛対策

☆参加費用:1000円

どなたでも参加できます!予約を下記電話番号かメールで!お待ちしております♪♪


場 所:ILCHI ブレインヨガ西宮スタジオ 兵庫県 西宮市 松原町 4-4 グランディールⅢ 5F

TEL:0798-26-9580   e-mail:dahn_nisinomiya@yahoo.co.jp

オフィシャルサイト: http://ilchibrainyoga-nishinomiya.com/



スポンサーサイト
00 : 49 : 42 | 健康体操 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風邪は引き始めに治す!
2011 / 05 / 23 ( Mon )
こんばんは☆ イルチブレインヨガ西宮スタジオのいわたです。

昨日の西宮は、朝ものすごい雨でむしむししていたと思ったら
晴れたと同時に急にひんやりしてきて忙しい天気でした。

季節の変わり目には、こんな気温のアップダウンで
風邪を引かれている方も多いのではありませんか?

「風邪をひいたかな?」と思ったら、すぐに治してしまいましょう^^

①背中の肩甲骨の間のやや上に、風門ふうもんというツボがあります。
 (風邪のときぞくぞくするところ)
 ここをカイロやホットパックで温めます
生姜トウガラシなどのスパイスと大根などの体を温める食材を使った温かいスープを飲みます。
③たくさん布団を着て、いっぱいを出します。


これでたいてい軽いうちに治すことができます^^
のどがいがいがするときには、あったかい緑茶で一日に何回もうがいをしてみてください。
緑茶には殺菌作用があるので効果抜群です!

肝心なのは「風邪かな?」と感じる体のサインを見逃さないことです。
ブレインヨガの創始者、一指 李承憲(イルチ イスンポン)博士も
「私の体は私ではなく、私のものです」と言っています。
自分で体調をコントロールして「体の主人」になりましょう!!


☆‐‐*‐‐☆‐‐*‐‐☆‐‐*‐‐☆‐‐*‐‐☆‐‐*‐‐☆‐‐*‐‐☆‐‐*‐‐☆‐‐*‐‐☆‐‐*‐‐☆
イルチブレインヨガは、最新の脳科学と東洋の伝統的健康法が融合したホリスティックエクササイズです^^

 ILCHI Brain Yoga 西宮スタジオ

兵庫県西宮市松原町4-4 グランディールⅢ5階
  (0798)26-9580
www.ilchibrainyoga-nishinomiya.com



02 : 40 : 20 | 健康体操 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地味だけど奥深い体操 その1
2011 / 05 / 08 ( Sun )
皆さん、こんばんは。
イルチブレインヨガ西宮スタジオのいわたです。
ゴールデンウィークをいかがお過ごしですか?
家族や友達が集まってつい食べ過ぎてしまった…という方も多いのでは?

今日は、胃腸が元気になって便秘やお腹の引き締めに効果的な体操をご紹介します。
その名もずばり「腸呼吸」^^
スタジオではレッスン前のウォーミングアップにも行っています。

ストレスや食生活、エアコンなど、色々な原因で
現代人の腸は冷えて固くなってしまっている場合が多いのです。
腸は第2の脳といわれるほど、健康にとっても重要なところ。

やり方は簡単です。
一緒にやってみましょう。^^

①足を肩幅ぐらいにして少し膝を曲げ、肩の力を抜きます。

②手をおなかにあて、息をゆっくり吸いこみながらおなかを膨らませます。
 息を吐き出しながらおなかをへこませます。

③膨らませたりへこませたりを一定のリズムで2分間続けます。


  いち、膨らませて・・

  にい、へこませて・・

  いち、に、いち、に・・・一定のリズムで続けましょう。



どうですか?

一見地味~な体操ですが、お腹も体全体も温まってきましたか?
あったかくなった方は、素晴らしい集中力です^^

これを続けると、便通がよくなるだけでなく、
腹筋を使うのでお腹も引き締まってきますよ。

西宮スタジオでは腸呼吸レッスンの日も設けています。
ぜひスタジオにもお越しくださいね(^o^)/~~

春の小道ミニ







00 : 36 : 37 | 健康体操 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不眠症に効く☆ブレイン体操
2011 / 04 / 07 ( Thu )
四月は新しい環境の中で緊張することも多いですね。
より深く眠れるように、今日は不眠症に効果的なブレイン体操をお届けします。
ぜひお試しください^^


不眠症に効果的な脳体操
私たちは、人生の約3分の1を眠って過ごします。人間は眠らずに生きることはできません。睡眠をとらずにいることは、食べないことよりも難しいと言われています。それくらい睡眠は重要な要素なのです。

ところが現在、多くの人々が、心配などの精神的ストレス、過度なカフェインの摂取、夜型の生活習慣などのために、不眠症になっています。この習慣が続けば続くほど、不眠症は大きなストレスと不安、焦りなどを伴って長期化します。

エネルギーの見地から、不眠症は体のエネルギー循環が正常にできず、頭の方にたまった濁ったエネルギーが脳を圧迫して生ずるものです。考えごとや悩みが多い時、激しい衝撃やストレスを受けた時などに現われます。体力、気力のエネルギーが弱い時にも、不眠症が発生することがあります。

不眠症のための処方薬もありますが、薬に頼らず直したいと思っている方が多いはずです。そのために、どのような方法があるでしょうか?

睡眠の重要なポイントは、体と心のリラックスです。昼間のストレスで神経が過度に緊張し、仕事のことなど、いろいろ考えたり心配したり、脳が活発に活動し続けていたら、眠ることができません。イルチブレインヨガでは、体と心をリラックスさせ、緊張によって脳に過度に集まってしまったエネルギーを循環させる様々なトレーニングがあります。そのうちの、いくつかの方法を紹介しましょう。

足先を刺激し熟睡を促す脳体操
足の裏にはツボが多く、刺激によって頭痛、消化不良、血液循環障害など、多くの症状の改善に効果があると言われています。特につま先を刺激することは、緊張で頭に上がってしまった気を下げ、気エネルギーを循環させるのに効果的です。エネルギーが下がって循環がよくなると、自然に雑念が減り、ストレスが解消され、熟睡できるようになります。一日の終わりに、毎日、決めた時間や数をするのもよいでしょう。

1. 足の裏叩き
右脚を上にして足を組み、右足の甲を右手でそっと持ちます。こぶしを握った左手で、右の足の裏を軽く叩きます。叩く時には湧泉(足の裏のツボで、足の指先から3分の1ぐらいの深くくぼんでいる所)から始めて、足の裏全体を、まんべんなく叩いて、足の指もギュッギュッと押します。反対の足も同様にします。

2. つま先叩き
両手を楽に後ろで支え、足を揃えます。かかとを付けたまま、つま先をトントンと、お互いにぶつけるように動かします。速度が遅くなったとしても休まず続けることがポイントです。100回ほどおこなった後、息をゆっくり吸って吐き出すことを繰り返します。この時、つま先に集中して吐き出す息とともに、気が下がっていくことを感じてみます。

huminsho 1



足の経絡を刺激して、体をリラックスさせる脳体操
腰を前に倒して行う足首の運動は、足の筋肉をほぐすだけでなく、腰につながる腎臓の経絡も刺激して、全身のエネルギー循環を促進させる効果があります。足の甲を引き上げれば膀胱経絡が刺激され、手を伸ばす動作を通じて肝経絡と胆経絡が刺激されます。経絡の刺激によって、体にたまった疲労がとれ心身がリラックスできると、眠りやすくなります。

3. 足首回し
足を45度ほど開いて座ります。腰をやや前に倒して両手でつま先をつかみます。両足首を同時に内側へ回します。それぞれ4回ずつ繰り返します。


4. 足の甲の引き上げ
真っ直ぐ立った姿勢で右足を上げ、後ろに曲げます。両手で足の甲をつかみ、かかとが尻の部分につくようにし、10回ほど足の甲をギュッと引きます。その状態で上体をかがめ、右手で足の甲をつかんで足を後ろに持ち上げます。左手は前方へ伸ばし、視線は伸ばした手の先に向けます。

blog picture huminshou2 0330B


出典: ブレインメディア

21 : 37 : 25 | 健康体操 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
肩こり、背中のコリに効く!
2011 / 03 / 18 ( Fri )
また寒さが戻ってきましたね。
西宮でもまた雪が降ってびっくりです。

寒いときには、無意識のうちに肩や背中に力が入ってしまいます。
今日はそんな肩や背中のこりを楽にするブレイン体操をお届けします。
ぜひお試しを!!


肩と背中のこりに効く脳体操
長時間コンピュータと机の前に座っていることが多い現代人。 同じ姿勢を長く続けているため、肩と背中の痛みがある方のために、肩と背中がこったときに役に立つ脳体操をご紹介します。

1. 肩がこったとき

肩はストレスに最も敏感な部位。 緊張したり血圧が上がったりすると、首の後ろと肩の部位がカチカチになります。 こういう症状は一日中机に座って仕事をする会社員に、もっとも頻繁に現れます。

肩と首が硬くなり、ひどくなると痙攣を引き起こしたりもします。
また、コンピュータを長時間使うために、肩の痛みを訴える場合も多くあります。
肩が硬くなれば、脳に流れる酸素や血液の供給がいちじるしく減ります。
頭がすっきりせず、頭痛が生じることもあります。

肩の痛みを解消するには、
・凝っている肩や首の筋肉をほぐす脳体操と瞑想、
・呼吸を通じて肩の筋肉に新鮮なエネルギーを送ること
がよいとされています。

カチカチの肩を気持ちよくほぐして、体と心を緊張から解放しましょう!

腕をねじる脳体操
1.足は肩幅に開く。
2.腕を伸ばして右腕を左腕の上で交差し、左右の手のひらを向かい合わせにして指を組む。
3.息を吸って止めたまま、組んだ手を胸の前へ近づけ外側に回して下腹のほうまでぐっと伸ばす。
4.元に戻して、腕を交差したまま頭の上にも伸ばして後ろに腕を反らす。
5.息を吐きながら腕をほどく。
反対側も行い、3回繰り返す。 article2A(1)katakoritaiso eizo1


11 : 04 : 32 | 健康体操 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。